「読まずにいられなくなる事例のコピー」を書くために気をつける、たったひとつのこと

ライティングライティング, 事例のつくり方, 消費者心理

いきなり答えを言います。

ズバリ、「買ったあとのに、どう変わるのか?」が、パッ!とわかるタイトルにすることです。

読者である見込み客が、あなたの顧客導入事例を読むのは、なぜでしょうか?

それは、あなたの商品に興味があるからです。

「買ってもいいかな」と思ってます。
「欲しいんだけど、不安なんだよねぇ」と思ってます。
「いいんだけど、なんかもうひと押し」と思ってます。

その興味をより強くしなければ、次のステップである購買につながりません。
顧客導入事例の目的は、買ってもらうことです。
欲しいと思ってもらうことです。

ですから、そのポイントがコピーにあれば、読まずにいられません。

 

明日からといわず、今日から実践してみてください。
効果絶大、保証します。


トップへもどる