事例制作の取材、顧客インタビューでゼッタイに訊かなければならない質問

インタビュー

それは、「読者が買うべき理由」です。
「買ったら得られる、変化や効果」と言ったほうが、わかりやすいかもしれません。

そして、その答えは、つぎの3つのどれか(あるいは、いくつか)に当てはまるものでなければなりません。もし、事例本文に書いていなければ、売上につながらない残念な事例になってしまいます。

 

重要なポイントなので、法人向け商材(BtoB)と個人向け商材(BtoC)に分けて考えてみます。

 

法人向け商材(BtoB)の場合

  1. 売上が上がる(利益が増える)
  2. 経費が下がる(コストダウン)
  3. 時間短縮(生産性アップ)

 

個人向け商材(BtoC)の場合

  1. 痛みから逃れたい(イヤなことは避けたい、やりたくないことをしないで済む、など)
  2. 快楽を追求したい(楽しいことを続けたい、スキなことをとことんやりたい、など)
  3. かかる時間を短くさせたい(早く身につく、早く終るなど)

 

売上アップにつながる「お客様の声」を書く場合、この3つの切り口が必ず事例の中に書かれていなければ、共感されません。

共感されなければ、買ってもらえませんから、売上アップはしません。

 

ですから、事例に書く内容を仕入れる場面である「顧客インタビュー」では、この3つの切り口のどれか(もちろん、重複することも!)に答えが収まるのような質問をすることが、とてもたいせつです。

 


トップへもどる