起業の準備期間と成功は、比例しない(らしい)

よくある質問成功事例, 起業, 飲食業

千葉県。
小さな駅から徒歩5分。
バス通に面した「やきとり屋」さん。

店主は、30代男性。

元・素人。というか、ズブの素人。

どのくらいズブかというと、調理師免許もない。

飲食業の経験はラーメン屋のみ。
それも、学生時代のアルバイト。

それでも、お金を工面して、飲食業をはじめる。理由は…、

「このへんに、やきとり屋なかったし」

「やきとり屋なら、できるかな?と思って…」

「どうして?そう思ったんですか?」と聞くと、

「若かったから」って。

インタビューに同席したコンサルタントいわく、

「これこそ、正しい起業」
「準備期間と成功は比例しない」

たしかにそうだ。
いわれて気づいたが、素人のつよみもある。

新入社員や転職者が、社内のしくみや営業方法、経営方針に
違和感をかんじるのと似ている。
素直に疑問を持つのと似ている。

外部の新鮮な目線から、学ぶことは多いもの。

それを受け入れられる自分でいたいなぁ、と思った取材でした。

事例のインタビュー取材は、たのしい。

たくさんの成功事例を聞ける。
経営者のナマの声が聞ける。
無修正の声が聞ける。

インタビューライターの役得だわ、こりゃ(笑)


トップへもどる