「導入事例」や「お客様の声」は、私のビジネスでも使えますか?

よくある質問

導入事例は、どんなビジネスに向いてますか?
導入事例は、どんなビジネスに向いてますか?

 

導入事例は、どんなビジネスに向いてますか?

「導入事例はどんなビジネスに向いているんですか?」
「ウチのビジネスでも、導入事例は効果あるんでしょうか?」

先日、インタビューしたお客様から質問されました。

じつはこの質問、よくされるんです。
だから、この質問をされると、いつも答えはいっしょです。
反射的に「3つあります」と答えています。

細かくいえば、もっとあるのですが、わかりやすくするために「3つ」と答えています。
あわせて、その3つ理由をお伝えすれば、ほとんどの方は「導入事例(お客様の声)」の本質を理解してくれるからです。

 

導入事例が効果ある 3つのビジネスの特徴

  1. 高額商材

    高いということは、それだけで迷います。
    これは、法人でも個人でもおなじ。
    人は迷っていると「選ばない」選択をしますので、そのために迷いを解決させる内容が必要。
    そんなときは、実際に買った人の体験談が効果あります。

  2. 購買頻度が低い商材

    あんまり買わないものには、知識がありません。
    知識がないので、選べない。だからといって、イチから知識を取り入れるのは面倒くさい。
    そんなときは、どんな「ご利益(ごりやく)」があるのかを手っ取り早く知れる「お客様の声」が信頼・信用されます。

  3. 無形商材

    目に見えない商材は、その効果が見えません。
    見えないから、所有している感覚もない。
    なんでお金を払っているのかわからないと、その取引は続きません。
    そんなときは、見える化してあげる。つまり、サービスの効果を買った人の声で見えるようにすることで、買ったあとのイメージができるようになります。

 

 

さらにいえば、「知名度が低い商材」「使えば良さが伝わる商材」「競合がいない(少ない)商材」「説明がむずかしい商材」「値段と効果が連動していない商材」なども、導入事例、お客様の声が適したビジネスです。

しかし、わかりやすさを考慮して、3つ(高額商材、購買頻度が低い、無形商材)とお伝えしています。

もし、あなたの商材が、「値段が高く」て、「あんまり買わない」もので、「目に見えないサービス」。そして、「知られていない」「説明に苦労している」「競合もあまりいない」商材であるなら、ぜひ導入事例(お客様の声)を活用することをオススメします。

 

どうでしたか?
導入事例(お客様の声)が適した3つのビジネスをお話しました。

あなたのビジネスは、「導入事例(お客様の声)で、もっと楽に売れる」でしょうか?

 

 


トップへもどる