「売上アップする導入事例」のための、事例構成のテンプレート(個人向け商材 B2C 編)

事例の書き方, 事例の構成B2C, 事例の構成, 個人向け, 共感, 内製

導入事例は、誰でも書ける

事例専門インタビューライター石岡幸です。

前回は、法人向けのITサービスの導入事例のフォーマットを書きました。
今回は、個人向けの導入事例フォーマットを考えてみたいと思います。

この導入事例もまた、誰でも書けます。

 

個人を動かす導入事例の2つのポイント

読者である見込み客は、人間ですから
購買者心理は変わりません。

しかし、法人向け商材(BtoB)とちがい、
個人向け商材(BtoC)が、大きくちがう点があります。

それが、「決裁の有無」と「お金は自分のサイフから出る」という点。

 

 

決裁者は奥さん?(笑)

個人で買うということは、自分のサイフからお金が出ます。
会社のお金を使うよりは、慎重にならざるを得ませんよね。

しかしその半面、感情面での訴求がハマれば、
行動に移す可能性が高くなります。

ただし。
独身者でない限り、家族の決裁(奥さん?ご主人?)が必要になります。

夫婦で使うものであれば、なおさらですが、
ご主人か、奥さまだけが使うものの場合、それはそれですこし大変です。

とはいえ、流れはさほど変わりません。
では、個人向け商材(BtoC)の導入事例テンプレートをお教えしましょう。

 

「売上アップする導入事例」の書き方とテンプレート(個人向け商材編)

  1. アイキャッチ

    • 写真
      (ぜったいに笑顔!あなたと顧客が並ぶなら、仲良しな雰囲気を!)
    • キャッチコピー
      (論理的も良いですが、感情面での訴求も効果があります)
  2. サマリー

    • 事例の概要
      (ザッと読んで中身がわかる、期待をもってもらう)
  3. 登場人物紹介

    • 登場人物紹介(家族構成などだけでなく、趣味やハマっているもの、などその人物を物語るうえで枝葉になるエピソードなどを訊いておくと、奥行きと幅ができ、人物像が立体化され感情移入しやすくなります)
  4. 効果(after)

    • 買ったことで、変わったこと
      (定量と定性の両面に加え、「買ったことで雰囲気が変わった!」や「自身が持てるようになった!」「家族が仲良くなった!」など、予想しなかった副次的な効果を書くと、極端に反応率が上がります)
  5. 課題や問題(before 1)

    • 課題や問題、悩んでいたこと
      (読者である見込み客の悩みとイコールでなければならない)
    • 知った経緯
      (知人の紹介や通りすがり、チラシや折込広告、看板など、なぜそれを見て相談したのかまで、具体的に)
  6. 比較・選定(before 2)

    • 比較した競合他社について
      (競合つぶしに。実名は避けたほうが賢明)
    • どの点を比較し、どこが良かったので選定したか?
      (自社のアピールポイントとイコールが望ましい)
    • 対応
      (営業対応や相談時のエピソードなど)
  7. ユーザー視点(now)

    • 導入前には予想していなかった効果や変化
      (導入しなければわからない事実を既存顧客に語ってもらう)
    • それによって起こったハッピーな話題
    • 友だちや知り合いに同じ悩みを持った人から相談されたら?あなたはどうしますか?(助言)
      (「悩んでいても解決しないよ」「まずは相談」「サンプル請求したらよかった」など、かんたんな行動であること、そして行動すべきことをメリットを通して伝える。そのときのキーワードは、「行動すべき」)
  8. 今後の展開(future)

    • 今後の期待
      (多くの商材は、単発では終わりません。その後のアップセル、クロスセルにつながるような話題を質問)
    • できれば、最後にダメ押しの笑顔!のツーショット写真
      (雰囲気の演出。そして、相談しやすさ、行動しやすさを訴求)

 

上記は基本形です。商材やサービスによって、最適化してください。

ITサービスとおなじように、
before>after が良いのか?
after>before が良いのか?も変わります。

 

 

訴求ポイントは、「ハッピーさの演出」と「行動しやすさ」

個人向け商材は、価格面を訴求するよりも効果や手軽さ、安心感が反応を得られやすい。
そのため、できるだけポジティブなタッチが受け入れられやすくなります。

また、法人向けよりも数段、笑顔がアピールポイントになるので、
写真撮影では、笑顔が撮れるまで100枚でも150枚でも撮影してください。

極端な例ですが、写真がよければ全体がよく見えます。
それほど、個人向け商材での写真は重要です。

 

 

読者である見込み客への配慮としての「奥行き」と「立体感」

夫婦間や親子間での家族内決裁の可能性もあります。

自分とおなじ立場であること(サラリーマンです。専業主婦です。子どもが小さいですなど)を具体的にインタビューで引き出して書いてください。

広報チェックたリーガルチェックがある「法人向け」とちがい、
個人向けの場合の修正は、あまり厳しくありません。

思っているよりも、大胆な表現でもNGがでなければ、ラッキーという姿勢も時には必要です。

 

ぜひ、この共感ストーリー事例のテンプレートを参考に、
あなたオリジナルの導入事例を書いてみてください。

以上、「売上アップする導入事例の事例構成テンプレート(個人向け商材 BtoC 編)」でした。

 


トップへもどる